簡裁代理等裁判に関するご相談・費用事例


認定された司法書士は、140万円以下の簡易裁判所における代理権を有しています。

(※司法書士藤澤憲一 簡裁代理権・No.1518028)

 

例えば、総額50万円のお客様への飲み代のつけがあり、そのお客様は全く払ってくれないので法的手段を取るしかないと考えている…

 

そのような場合、支払督促制度を利用する。あるいは簡易裁判所にて訴えを提起する等の手段が考えられます。

 

簡易裁判所による裁判、あるいは140万円以下の和解等は、その性質上ご相談料を頂きます。

 

また、ご相談の内容によっては、司法書士の取扱業務外ゆえに当職では受諾できず、弁護士等他の士業の方をご紹介する場合もございます。

あらかじめご了承ください。

 

相談費用

30分 5,000円~

 

 

 事務所紹介・司法書士・事務所所在・ご連絡先・アクセスについては「事務所案内」のページへ

 

事務所案内ボタンアイコン・リンク